久しぶりの更新

金曜日にフミヤのギブスがはずれました。
捻挫だったらもう完治する頃らしいのですが、やはりまだ腫れが残っていて休み明けからはなるべく毎日
マッサージとなんとか浴(足湯)に通わなければなりません。
でも、あとちょっとみたい。






さて、ライフログも久しぶりに更新したのですが、
この本、読みたい!と図書館に行こうと思っていました。
それが、フミヤの行っている整形外科のロビーにあるではありませんか!
やった!
ちょっとだけですが、読んでみました。
1~3巻まであるのですが、どれもその中で取り上げられている名画の一部が表装となっています。

1はラ・トゥールの「いかさま師」・・・あぁ、わくわく。
この絵画の中の誰の瞳がいつぎょろっと動いてもおかしくない。



怖いもの見たさも、この絵画の美しい世界の中ならなおさら!

私のすきなベルギーの画家、フェルナン・クノップフの「閉ざされた街」
人気(ひとけ)のない怖さ、
ジェリコーの「メデューサ号の筏」
実話から表された人間の怖さ

1枚の絵画に秘められた想いやエピソードがささ~っと読める長さで20編

価格を見たら本体価格¥1800

やっぱり図書館に予約するとしよう・・・!
[PR]
by cowata | 2009-10-10 22:23 | 日々のこと