祝*卒業

e0087901_05116.jpg


今日はフミヤの卒業式でした。
中学校の3年間は、小学校の6年のあとのせいかとっても、とっても早く感じました。

入学式の日は、別行動になってしまい写真が集合写真しかなかったので
今回は事前にちょっと脅しを入れて、必ず「卒業式の看板?の前で写真、撮るからね!」と無理やり了承させました。

式は2時間半をちょっと超えたでしょうか、165名の卒業証書授与のあと送辞、卒業の言葉と在校生からの合唱「旅立ちの日に」と卒業生からの合唱、全校生徒による合唱「大地讃頌」などが盛り込まれた内容でした。

わたし的にはちょっと冷めた感じがあり、演出要素(そのつもりはないのかもしれませんが)が前面に出すぎて
、小学校の卒業式ほど感動はありませんでしたが、在校生の合唱や全体の合唱はとても素晴らしいものでした。



帰りに昇降口に出てくるのを待ち構えていて、いつもの登下校メンバーを写真に撮ってあげ
ついでに・・・、という感じで(狙いはここだけど!)逃げようとするフミヤと、めでたく2ショットを撮ってもらいました。
お友達の1人がちょっと控えめに
「おぉ、いい2ショットだ!」と冷やかし半分に言ってくれたのもなんだか嬉しい母でした。

小学校から9年間、幼稚園ぐらいからだと12年間、ずっと一緒に歩んできた周りのいろんな子を見ると
その子の幼かった頃のことが不意に思い出され、成長した姿に
思わずうるっとなることもありました。


ここからは、それぞれ別々の道を進むことになりますが、様々な経験をし、みんないい高校生になり、いい大人になっていってほしいと思いました。


春から新たな三年間がまっています。
身長も、心もどれだけ成長してくれるのか母はいつまでも心配ですが、
もう1歩2歩・・・3歩ぐらい後ろに下がって見守っていくしかないんだなぁ・・・・と
悲しくもあり、嬉しくもあり、

わたし自身もまた「中学生の母」の卒業をせねばならないと感じた1日でありました。
[PR]
by cowata | 2010-03-13 00:52 | 日々のこと