あぁっびっくり・・・

夕方、お買い物と他の用事のため車を運転している時のこと

時間は午後5時過ぎ、もう辺りは日が暮れて対向車もライトをつけて走行。もちろん私もライトはつけていました。

ふと気がつくと目の前に小学生の女の子が立っているではないですか!!道路の真ん中!!



そこは住宅地が多くある坂道になった道路で、確かに対向車は女の子の道路横断のためか停まっていましたが、しかし横断歩道も何もない場所。

女の子は対向車側に立っていたので、車が気がついて通してあげようとでもしたのか・・・。


それにしても少し先には信号はないものの、横断歩道は見得るところにあったし・・・

どうしてそんなところを渡ろうとしたのかしら。


夕暮れ時の車の視界は大変見ずらく、危険です。


たとえ車が好意で停まってくれても、反対側からは見えていないこともあるので

やっぱり、安全のために横断歩道を利用したり、最低でも右、左側の車が停まっていることや走っているくる車がないことを確認して渡りましょうね。

見通しが悪いカーブなどは、なおさらね。

たまたまスピードをそれほど出していなかったので、直前でブレーキが間に合いましたが
もし、間に合わなかったら双方が不幸になります。

一緒に車に乗っていたツグミが
「あの子、見たことあるよ。多分4年生だと思う」って言っていました。

ツグミには
こういう場合もあるから

たとえ車が停まってくれても決して反対側の車を確認しないで横断なんてしてはいけないこと。
近道であっても、何もない道路で横断は極力しないことを指導しました。


追記:(10/11/13)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

このことがあった日
「学校にも連絡したほうがいいのかなぁ~」と一瞬考えましたが、つい忘れていました。
すると、数日後ツグミが学校から帰宅すると
「ママ、電話したの?」

どうも学校にはこのところ、道路で危なっかしいことがあったという電話が連日来ていると先生から
指導があったのだそうです。
時間帯はどうかわかりませんし、どうもお友達とふざけていて道路に飛び出してしまったというような例もあったようです。

車を運転する方は夕暮れ時の微妙な見えにくい感じがお分かりになるかと思います。

もちろんその時間帯に限ったことではないのですが

最近お仕事の帰り道

毎回毎回「見えにくい!」と注意せずにはいられないのです。


自転車、黒っぽい服
足元が悪い時は更にです。

ツグミにも、フミヤにも注意しすぎて、逆に聞き流されぎみかと反省してもいますが

一緒に車に乗っている時に、車からはこんな風に見えているんだよと
自転車や歩行者を一緒に見せるようにしています。

自分が自転車や歩行者だった時、車からはこう見えているんだって少しでも気をつけてほしいものです。


そして、車の自分も常に気をつけなくちゃね。
[PR]
by cowata | 2010-11-08 21:44 | 日々のこと