放射能物質飛散の余波の余波

夕べの余震も大きくて、関東は311ほどではなかったけれど、
東北では前回よりも大きく感じられたというのを多く聞きました。

避難所にいる友達がどんな怖い思いをしたか想像するに余りあります。
被災地の人たちみんな同じです。

ところで、


ある知人から聞いた話。
知人は仕事で会社にペットボトルの水(12L)があったんだそうです。
最近、出張に出ていた上司からメールが届き
そのメールには住所と女性の名前があったそう。新種の迷惑メールか、チェーンメールかよ!と思ったそう。

するとその後上司から電話がかかってきて
「乳児のいる知り合いが東北(太平洋沿いではないらしい)にいる。
水がなくて困っているから2つ宅配便で送ってほしい。
帰ったら金は払うから・・・。」

その上司は当日夕方帰って来たそうで・・・。



知人は腰を痛めており24Lの水を会社から最寄のコンビニまで持って行くのだけは嫌だと思ったそうで、
会社から送ることを考えたそう。

すると総務部からは後で伝票の処理がややこしいから駄目。

しかたなく、

当日には帰ってきた上司の頼みで

他人私用の水を

会社からわざわざ購入し

宅配業者に来てもらい

まったくの他人宛(被災地でなくちなみに福島から結構離れた日本海側)に水を送ったそうです。


「俺だって、知り合いに小さい子がいる友人親戚いるけどさ、こういうことで仕事と私用と混同するのはどうなんだろ・・・。」

確かにこの事態で水がなくて困っている人が大勢いる!なんとか入手したいとがんばっている。
母子手帳持って開店と同時に買いに行く。
うちはもうそこまで小さい子供はいないからあえて購入は控えているけど・・・。

ちなみに、このあたりじゃ数量は限定されるものの購入は可能。
この間は500mlだったけど普通にスーパーの棚に大量に並んでいた。


上司さん、とりあえず出張から帰ってきてさ
自分で会社から購入するなり、スーパーで買うなりして

自分で行動しようよね。

勤務中の部下に頼むことじゃないんじゃない?

会社の仕事関係でたまたまあった水を私用に買うのも考え物だけどね。

まぁ、知人に聞いた話でございました。


震災でかなり様々な方面でしわ寄せがありなんだかすごく深刻なこともあるけれど
ちょっと冷静に考えれば避難所におくる物資のような緊急性のないこともある・・・。


もし私だったら、会社から水を分けてもらえたとしても、ちょっと後ろめたいからこっそり自分で誰にもわからないように手配するだろうなぁ。

その前に、「その水、譲って!」と言う勇気があるかは微妙。
[PR]
by cowata | 2011-04-08 23:47 | 復興・東日本大地震