春まぢか

毎日が

あれれ、あれれ~という間に

過ぎていって

気持ちも体もついていけていません。


あの震災からも1年の節目を迎えようとしていて

テレビでも

あの時のこと、その後のことなど

報道番組がたくさん。

あの震災も私の中ではまだまだ過去になっておらず
複雑な心境のままストップしているというのが正直なところ・・・。



それから

ツグミがこの春は小学校を卒業し、中学生になろうとしています。
相変わらずチビすけで、口ばっかり
反抗期に立派に突入していますが。


卒業もまぢかに迫ってきていて

今日は

合唱部の活動のファイナルコンサートが放課後にありました。
e0087901_148854.jpg


子供たちが登場する前に会場をパチリ。

夏のコンクールで一生懸命練習した曲や、

震災を受けて選曲された「HEIWAの鐘」「明日という日が」など

全9曲を聞かせてくれました。

とっても上手でした、コンクールの曲も「夏よりいいんじゃない?」って思いました。




思えば1年前ツグミは

この体育館で
前6年生を送る会を合唱部で行っている最中にあの強い揺れを経験しました。


たくさんのお友達や先生方がいたにも拘らず相当の恐怖感を覚えたようでした。
体育館の照明が外れ(落下はしませんでした)たり、一部損傷も出てしまい

体育館は夏まで使用禁止となり
卒業式も4月の入学式も隣の中学校の体育館で行われたのでした。


「体育館の修繕が完了した後、最初にこの体育館を使用できたのも合唱部だった
沢山の人に支えられ、活動ができてきた」と代表の生徒が大変立派な感謝の言葉を述べてもいました。


気持ちをこんなに上手に発信できるような歳になってきているんだなと成長を感じるとともに、
なんだか大人っぽいそつのない挨拶や文面に、まだ子供でいてほしいよというさびしい気持ちが混じりました。


成長も歌声も立派でしたが

私はコンサート終了後の子供たちの

素の顔、素の表情、笑顔が
一番心に残りました。

子供たちを撮った中にピンボケが1枚あったので、あえてUPします。

e0087901_148852.jpg




学校行事での「お別れ会」(学年の行事)や、6年生を送る会(全学年での行事)、
6年生最後の思い出の給食(バイキング給食!!)←クラスごとに家庭科室で本来の給食メニューのほかに豪華なおかずやデザート盛りだくさん!

等が、次々と終わり

登校もあと1週間です。


私は、仕事のシフトが入っているので見に行けませんが、
3/11に駅前で行われる「復興支援コンサート」に
合唱部として参加するのが最終活動となるようです。
[PR]
by cowata | 2012-03-08 23:59 | 日々のこと