降りました

朝は雨でしたが、雪に変わったと思ったら

あっという間に積もって

久々の積雪となりました。




実は本日は私のシフトも休みだったので

主人の実家に遅ればせながら新年のあいさつに行く予定。

ツグミの部活も午前中だけで早退させることにして
フミヤも一緒にと・・・。


連絡したらお昼の準備をしてくれているとのことで
決行して実家へ。

実家は車で15分ほどの市内ですが、水道道路を走っていくと
某大学病院と某高校前の坂道で、
もうすでに対向車側(登り)ではスリップして立ち往生している車が1,2台。

帰りはここを通るのかと

行きはよいよい、帰りはこわい~。





e0087901_221608.jpg


最近のフミヤとツグミです。
フミヤはもうすぐ170になろうかという身長。
中学時代の彼を知る人はびっくりするでしょう?


ツグミも小さいながら私の身長をわずかに超えました。
(フミヤは中3で超えたというちびっ子さでした)


週末にセンター試験を控えながらも
「俺もおいしいもの食べてえ」と同行。



暗くなると大変だからと3時過ぎに実家をおいとまして
さっきの水道道路を帰ってきましたが
やはり某高校付近で大渋滞にはまり
通過するのに小一時間かかりました。


坂道の一番上あたりが高校前なのですが

そこでスリップする車が続出していました。


うちもご多分に漏れず普通タイヤを履いていたので
いよいよかとフミヤと一緒に車を押そうと行動を起こしたら

にわかに前方から高校生が数人

「押しますから乗ってくださ~い!」

言いながらもうすでに体制ができている

「ホントに?助かるわぁ」

「大丈夫ですから、乗ってください」

もう車が動き出していた。



「某高校生?何年生?」

「某高生です、1年です!」



その時もだいぶ雪が降り続いてきっとビシャビシャに濡れてしまったはず。
寒い中いったい何台の車を手伝ってくれたのかしら。

「ありがとうね、ほんとに助かったよ~」

動き出した車から声をかけたけれど
彼らは次の車に向かって走り出し
声はもう届かなかったかもしれない。


最近の若い奴は・・・

そんなくくりで文句を言うこともあるけど


最近の若い奴は・・・


なかなかいいとこある!



思わぬ大雪に
気持ちのいい日になりました。




うちの子たちも

いつか

お返しできるようになるといいなぁ。
[PR]
by cowata | 2013-01-14 22:16 | 日々のこと