離任式

離任式。
子供たちは、朝いつもどおりに出かけて行きました。
雨が降るみたいだから傘、持って行ってね~~~。は~~い!

間もなくどばーーっと雨の音。こんなかい!
致し方ない・・・時間までに小ぶりになることを祈って
昨日、注文しておいたお花を受け取りに出かけた。

担任の先生方にはクラスの役員さんが取りまとめてお花を用意してくれていたのですが、
この小学校に7年間いらした栄養士の先生に、フミヤはまるまる6年間、ツグミは1年間お世話になり、美味しいお給食を頂いた。二人ともアレルギーの関係で除去給食をしていただいたのです。

そんな訳で夕べ、転任される先生にツグミ、フミヤ、私がお手紙を書いて、栄養士の先生にはお花と一緒に渡してこようと思っていました。

ちょうど家を出る頃雨が上がって空が明るくなりました。

栄養士の先生とそれぞれの担任の先生にご挨拶をしてお別れしました。


帰宅すると、ツグミはおじいちゃんちに行くと言うのでお使いのついでにとっととおじいちゃんちにおいて、フミヤには時間になったら遅れないように講習に行きなさい。と言って

パジャマに着替えてベッドに入りました。昼間の寝室は暖かく外の音が当たり前だけどにぎやかで、そんな中で睡魔が徐々に迫りくる感覚はなんともいい気持ち。

かくして私は深いお昼寝に・・・・と思ったらフミヤが

ことあるごとに

「ママ~、ねぇママ~~あのさ」とどうでもいいことを聞いてくる。
3回目にはついに

「うるさい!」
[PR]
by cowata | 2007-03-31 01:06 | 日々のこと