<   2011年 03月 ( 12 )   > この月の画像一覧

ヤマダさんの支援活動

先日ブログ記事の中でもご紹介したShusei Yamadaさんの活動がニュース取材されました。

Yamadaさんのブログではまず故郷釜石のレポートを拝見させてもらいました。

その後もずっと支援活動を続けていらっしゃって
実際どの地区でどんな物資が足りないかなど個人単位で
非常にきめ細やかな現地の今を支え・伝えてくれています。

そんなYamadaさんを密着した取材でした。

実際に直ちに行動されているYamadaさんの活動を知るにつけ
無力な自分を思い知るのではありますが、

経験も学習もない私が同じような支援をできるわけがない。

せめてYamadaさん達が無事に活動をできますよう・・・
ここから少しでも支援の和が広がりますよう・・・
そしてたくさんの人々を守ってくださいますよう・・・

心から応援させていただく思いから、
ここで取材された映像をご紹介させていただきます。
みなさんも見てみてくださいね。



すごいなぁ~、バイオディーゼルってえらいなぁ!!ヤマダさんがんばれ!!!

[PR]
by cowata | 2011-03-29 21:14 | 復興・東日本大地震

寒い春

あれから2週間が経ちました。
今日も仕事でしたが、子供たちだけで留守番させるにはまだまだ余震が怖く
おじいちゃん家でお預かり。

ツグミはおばあちゃんに「棒針編み」を教えてもらっています。

今日は少し余震がおさまってきた感じでしたが、夕方東北では震度4前後の余震。
被災地では雪が降ったところもあるみたい。
いったい春はなぜ来ないの・・・?

寒い中、瓦礫の中を生存者を探す自衛隊の人から滴る汗を見たのは12日前だ。
あの自衛隊員は今、どんな活動をしているのだろう。




2週間前には連絡がとれなかった、今は被災地の避難所にいる大切な友達とも、徐々にメールを交わせるようになってきました。



けれど
誰もかれも
正直精神的にも体力的にもかなり限界に近い状態なのではないかと
遠い故郷を思っています。

せめてあったかくなってよ・・・。



私自身も、経験のないことで無駄に気持ちは張り詰めていてようで
疲れが少々出ていると自覚症状が出てきました。地震酔いもあるみたい。



精神的な疲れの原因に間違いなくあるのはあのACのコマーシャル!

穴埋め的に仕方がないことだってわかっちゃいますが、2週間で相当の量だよね。
これかなりキツクなってきました。
見なきゃいいじゃん!テレビのスイッチ切って節電になるしって声もありますが
やっぱり今報道は見たいもの。知りたいもの。故郷の今、日本の今、原発の今も!


できることならこのCMの時間、昔あったような「少々お待ちください」の風景なんかの静止画像のほうがよっぽど有難い。

出演している俳優さんたちもこんだけ頻繁に繰り返され、世間に文句を言われるのは気の毒。


子供たちは無意識に「ポポポポオゥ~~ン!」と歌っていますが・・・。


ちなみに私は新バージョンのピアノの音楽がかなりダメです。


もっともだと思う内容のことでも
繰り返されると効果も半減しちゃうってこともあるから
せっかくタレントさんやスポーツ選手起用の新バージョンが

逆効果にならないことを祈るばかり。
[PR]
by cowata | 2011-03-25 23:59 | 復興・東日本大地震

e0087901_15245560.jpg


ヤヤーさんのブログを通じて知らせてもらうことができた小池アミイゴさんのイラストを転載させていただきました。 

言葉ではとても表しきれない今の気持ち、このイラストが表してくれています。

余震がまだ続いていますが、みなさんも気をつけてがんばりましょう!
[PR]
by cowata | 2011-03-23 15:37 | 復興・東日本大地震

11日目

昨日もお仕事に行きました。
詳しくは書けませんが、業務中偶然被災地(釜石の近くの町)のまったく知らない方とお話しする機会がありました。

正直に言うと少しお声は暗く感じました。無理もありませんよね。
その方と仕事のお話を終えた後、なんて言葉をかけたらいいか…でもこのまま受話器を置くのは嫌で

「個人的なことで恐縮ですが、私も釜石の出身で…」
「えっ?そうなんですか??大丈夫でしたか?」すぐにこちらを気遣ってくれる言葉をいただいて
ほんの少しの間お話し、私たち知らない人同士だけど思いは伝わったと感じました。


また、避難所にいる友達から
「元気だよ」とメールが届きました。
残念なことにご親戚の中で犠牲になられた方がいらっしゃって…隣県で火葬が営まれたとのこと。
その際近くのホテルに滞在し、11日ぶりにお風呂に入られたとも。

冷えている体をゆっくり温めて溜まった疲れをすこしでも癒してほしい。

できることなら避難所にいるすべての人たちにも一刻もはやく温かいお風呂に入ってほしい!
日本中のみんながきっとそう願っているはず…今日も雨や雪の予報が悔しい。

彼女からのメールも
「生きている人は奇跡としかいえない状況でした」と結んでいました。
[PR]
by cowata | 2011-03-22 08:42 | 復興・東日本大地震

仕事に行ってきました。

地震から9日目、お仕事に行ってきました。
当然のことながら、地震の影響でたくさんの変更措置があり、把握しきれないまま業務にあたり
あたふたしてしまいました。でもまぁお客様もみなさん
「このたびの地震の影響で・・・」と説明すると
「大丈夫です」と言ってくれました。

私が今回ネットを調べていて見つけたブログです。
個人の方が一生懸命被災地を回り、テレビの報道などではなかなか伝わらないリアルな状況や被災地の声が伝わってきます。
「がんばって、気をつけて」とコメントを入れたかったのですが、どうもサインインのやり方がうまくいかずできません。それにすごくお忙しく飛び回っていらっしゃる様子でコメントまで目を通す時間はないかもしれません。

ヤマダシュウセイ さん 「Bio diesel adventure」

こちらで郷里釜石の津波がどこら辺まで来たのか、我が家の実家のお墓のある「石応寺」の状態もこちらでわかりました。30年前、父が営んでいた店があった場所も瓦礫と化した部分に含まれていました。
辛い現実も知りましたが、被災地でがんばっているパワーが何より伝わってきました。
[PR]
by cowata | 2011-03-20 21:44 | 復興・東日本大地震

1週間経ちました。

今日はツグミの小学校の卒業式でした。
先日の地震で体育館が一部破損したため、隣の中学校の体育館を借りての式でした。

これから入学する中学校で「入学式」より先に「卒業式」を迎えるのはかわいそうですが、
「卒業式」を中止せざるを得ないところや、全員そろって卒業できないところもあります。
きっと、卒業式に出席した生徒たちはなおさら心に感じたものを持って、次のステップへと上っていくことができるでしょう。

さて、

仕事場で今までにない揺れを感じ、子供だけが待つ家に大急ぎで揺れる道路を運転して帰って来てから1週間です。
自宅近くの県道を渡る踏切を通過できず、車を一旦近くの駐車場に置いてそこから徒歩でした。急げど急げど進まない。
こんなもどかしいことをしていた頃、故郷の友人たちはじめ多くの人たちが
まさかあれほどの災害を経験していたなんて・・・。

しかし時間は経ちました。

ずっと連絡が取れない状態だった電波が回復してきているようです。
なんと避難所にいる友達から今夜メールが届きました。
彼女の了承はいただいていませんが
私と一緒に心配してくださったみなさま、無事を祈ってくださったみなさまに伝えさせていただこうと思います。

「やっと携帯繋がったよ。心配かけてごめんね。
家族皆元気で避難所生活してます。
応援ありがとうございます。(中略)・・・。
私、必死で逃げました」



最後の一文がすべてを知らせてくれました。

たくさんの人々が恐怖と悲しい思い、不安、不自由・・・を抱えて1週間過ごしたのですね。
報道で見たのと、実際体験したのでは相当差が大きいはず。それを思うと未だに泣けてしまう私ですが、
今することは泣いてることじゃない。
気の毒に、心配し、想像しておびえてることじゃないってば!・・・何度自分をたしなめたことか・・・。

正直、募金・節電、相当最低ラインでしか出来ていません。ネットもTVもヒーター消しては付けを繰り返します。

私の場合「意識する」ここからのスタートです。

 私と彼女たちを繋げてくれたのは Googleの「person finder」です。
[PR]
by cowata | 2011-03-18 23:27 | 復興・東日本大地震

計画停電

これで少しでも、被災地の手助けになるなら

今夜は実施されるというので、仕事は9時までの営業時間が5時半までとなり(私は非番)
主人も会社が夕方で撤収。
企業や会社もその予定で動きました、そういうところ多いはず。

家庭でも同じ。急いで晩ごはんの支度をして用意。「さぁ、みんな今のうちに食べちゃって~!」


実は日曜からライフラインが滞っている姉一家がうちに避難してきています。
なので8人分の用意・・・後10分で暗くなる、後5分、「トイレ行っとけよ~」あたふたあたふた。

けど待てども待てども電気は消えず・・・。グループの中からチョイスされなかったとみえる。
懐中電灯とろうそくを用意し、それでもニュース報道は見ていたけど。


「計画自主停電」ってどう?

今夜のうちみたいに、
この地区はチョイスされなくても、出来るだけ消す。みんな一緒に消すから
「消さないと目立っちゃう」な~んて思う人もポチっと消したり、
「こんな時こそ一緒にがんばろう!」ってポチっと消すとか。
今日は3時間は無理だけど2時間半ならって家も。停電の地域と一緒に自主停電しよう!(出来る範囲で)という呼びかけ。


暗い夜を静かに過ごして東北の今を思う。被災者はこの夜の中、どう凌いでいるんだろうって・・・。

ちなみに我が家は子供たちがワヤワヤして、今夜は出来なかったけど。

自主停電なら医療などで停電は困る人たちも安心じゃないですか。


東京電力さん、どうかしら?
[PR]
by cowata | 2011-03-16 00:19 | 復興・東日本大地震

地震

出身地が岩手の災害地だったので安否がわからない友人・知人が心配で毎日眠れぬ夜を過ごしていました。

発生後24時間報道番組はあっても、友人のすむ地域の情報はほんの僅か。それがあの津波と火災。

TVにかじりついて情報収集しようとしたが、こりゃ駄目だ!と感じ、まずは発生後2日目に、グーグルの「消息情報」サイトで検索。

友人名前を検索すると、すでに
「誰かがこの人物についての情報を求めています。」登録がありました。
友人の長男K君が登録したものでした。
多分関東にいるはずのK君、必死で手がかりを得るために動いていたのだと思うと涙が止まりませんでした。

私もメッセージと個人情報を登録しました。
翌日、携帯に知らないアドレスのメールが届きました。
K君からの連絡。地元ラジオで避難者名簿に家族全員の名前があったと。サイトに登録していた私にわざわざ連絡をくれました。

今度は生きていたという嬉しさで涙が・・・。


別の友人はご主人のお友達らしき人が登録していたのを見つけ、私は彼女と家族のわかる名前を登録。
その後また別の人が探していて登録が増えました。

しばらくしてその友人も グーグルに
「この人が生きているという情報を入手した人がいます。」

彼女も家族全員避難できていました。

その後避難所から移動したり、彼女の兄弟と連絡できているといった情報もあげられ
ここで彼女が確実に生きている、行動できているということがわかりました。

彼女たちは今のこの状況にあって、私がそこまで把握できているとは思わないだろうし、今は私の存在なんて
考えてはいられないはず。もうそんなことはどうでもいいの、生きててくれた、また会える日があるんだ。

また1日後
報道が彼女たちの町に入り、惨状を伝え始めました。けれどリアルはもう別のことを望んでいる。
必要なこと、必要なものを伝えてほしいはず。
救助に!、避難所に!

さらに昨日別の友人と知人の無事が確認できました。やはり地元情報で確認した知らない人からの連絡。

知らない人から「彼女に連絡がついたらメッセージを伝えて!」というメールももらいました。
ネットって、こういう使い方ができるんだ、そして人って繋がれるんだと思いました。

まだまだ安否が不明な人が大勢います。いろんな壁があります、先は決して楽観できません。


あったかいご飯を食べる時、あったかいお風呂に入る時彼女たちの顔が浮かんで泣けてきます。
それに
電力不足が深刻な今、私はパソコン、TV付けっぱなしでした。
体が冷えてしまい、ホットカーペット使っちゃってました。

何か始めなくてはいけないという気持ちと、何をどうしたらいいの?って気持ち
まだ混沌として自分で把握できない状態です。
[PR]
by cowata | 2011-03-15 22:37 | 復興・東日本大地震

ホリホリ

花粉が飛びまくっているのでなるべくお家に篭っています。

篭っていると家事の合間に(合間に家事って声もあり)ホリホリ・・・。

e0087901_1530555.jpg

ちょっぴりずつ、作っている「ちびはんちゃん」が段々増えていっています。


e0087901_153187.jpg

こっちは以前ツグミに作ってと言われていた2人・・・?

ちなみに持ち手の部分の木は100均ショップ。

その他のサイズのものはホームセンターから購入した木片をカットし、カット面はやすりをかけて接着しています。こちらは断面が真っ直ぐでなくちょっと悲しいのですが、捺すことには支障がないのでお許しいただいております。
桧の木片は断面はきれいで、香りもよいのですが硬くてカットするのも3倍以上時間がかかっちゃいますぅ~。
[PR]
by cowata | 2011-03-10 15:42 | 消しゴムはんこ

大きくなった!

日曜日から3連休の2日目、朝の雨が気づかぬうちに雪になっていてビックリしました。

日曜に主人と私とツグミで家電量販店へ。

そう、我が家のテレビはかなりの年代ものだったのですが
切羽詰らないと動かない誰かさんのおかげで今まできていました。


いよいよあと数ヶ月に迫ってきた地デジ化と、我が家の年代もののテレビが徐々に不調をきたしてきたので
誰かさんもやっと購入を検討し始めたようです。


そして40型に決定!

ずっとほしいと思っていたブルーレイレコーダーも一緒に購入。

遅ればせながら我が家にも地上波デジタル薄型テレビがやってきました。

e0087901_019915.jpg

こんな感じです、って言ってもこれじゃわからないね。

テレビ大好きな私には超嬉しい限り。

今まで年代ものの32型では小さいテロップなどは、よく見えず
「なんて書いてある??」と子供たちにしょっちゅう読んでもらっていたのですが
今度はよ~~~く見えますよ。
[PR]
by cowata | 2011-03-08 00:38 | 日々のこと