タグ:オモイデノモノ ( 7 ) タグの人気記事

岩手旅行記 1

e0087901_23165112.jpg


行ってきました!帰ってきました!!


7/27 0:15  自宅を出発

↑写真は東北自動車道で北上中の日の出


真っ暗な東北道が徐々に空が明るくなって
休憩した那須高原SAでは

とっても気持ちいい鳥の声

運転手は仮眠中
ツグミと外でしばしいい空気を吸いました。

福島辺りを通過した早朝は
山並みの緑が近い山から遠い山へのグラデーション

空も澄んでいて
本当に美しく

とても放射能の影響がある県であるとは
思い難い気持ちで

どこに向けていいかわからない怒りがこみ上げてきました。

e0087901_23263857.jpg


あと

こんな形の雲をいくつか見ました。

なに雲っていうんだったかしら・・・。

e0087901_23275945.jpg
e0087901_23283344.jpg



SAでは10分ぐらいずつしか仮眠を取らなかった運転手さんが

いよいよ疲れてきて
蔵王で1時間半寝てくれました。

もっと早く寝てくれれば涼しかったんだけどもうしっかり日が昇っていたので暑くて暑くて
その間は私は二人を扇いで起きていました。

長者原で朝食を食べて

その後はガ~っと北上


高速道路は一関で降り

ここで


7/28 12:25  家を出発して約12時間


そこからは東に向かい

陸前高田へ行きました


目的地の本当に近くまで行かないと

報道で見ていたような状況は見当たらないのだけれど

行くとわぁっと広がる被災状況

運転しながらも

「なんだこりゃ!」(画面を通しては何度となく見ている光景にすらこんな言葉がでる)


ものすごく高く盛られた瓦礫の山・・・・

どこまでも見渡せる元(もと)町があっただろう場所は
建物の土台やコンクリート、雑草が生い茂る地面

重機 



そして一本松

e0087901_234013100.jpg




当たり前ではありますが、ここら辺までであとは立ち入り禁止で近づけませんが


周りには鉄筋のかなり大きな建物が2,3・・・・。
近づけるものを見ると

窓も壁も柱も

折れ曲がり、垂れ下がり、割れて 

コンクリートの地面には

尋常ではない衝撃をそれだけで想像させる傷がそこここに残っている。


津波の形跡はいたるところにあるのだけれど

間近に見える海は穏やかで青々とし輝いているだけ。



一本松は


その場所の象徴のようにそびえているのに・・・


すべてをみて、今も同じ場所に留まり続けているのに

雄々しさとか立派さは感じられず

何とも言えないせつない風景でした。


タルコフスキーのサクリファイス?だったっけ?

なんだかその映画の木を思い出しました。


松は

もう力尽きようとしている

けれどここから松が消えたら悲しすぎる…。



あまりに広いところなので、ポツリポツリとしか見えないのですが
確実にこの中で作業している人々が結構いる!

なんとも頭が下がります、どうか熱中症に気をつけて!!!


生熱い海風に吹かれながらしばらく呆然と この場所にいて

もう一度海に町に手を合わせてこの場所を去りました。

どうか日本全国で可能な限り、瓦礫処理の受け入れがされるよう祈ってやみません。



その後、大船渡を通って45号線から三陸道で釜石に到着

15:20

市内は・・・覚悟はしていたものの


私が知っている釜石の町とはかけ離れた形になっていました。



つづく
[PR]
by cowata | 2012-07-31 00:18 | 日々のこと

フッコウノノロシ

私が生まれ育った町は

海が近く、そして山の緑が豊かな片田舎の町です。

その昔は鉄の町として栄えた時代もあったようです。


18歳までこの町に育てられ、町を離れてからもうそれ以上の歳月が流れました。


もうほとんど忘れてしまっている・・・と思っていたのに

瓦礫の中には見覚えのある懐かしい場所がそこここに。



心の奥底に眠っていた風景 町並み 音 空気 言葉

今まで移り住んだどの場所とはまったく異なった心地よさ

故郷



今、その場所が

立ち上がるための力を必要としている。



フッコウノノロシ

この中には


よみがえった記憶が見えます。



そして


町のすべての人々1人1人に心からのエールを送ります。


まずは釜石から・・・・



次の町にもすぐにノロシが上がることでしょう。
[PR]
by cowata | 2011-05-14 14:55 | 復興・東日本大地震

故郷からの贈り物

郷里のお友達K美ちゃんから、思いがけず嬉しい贈り物が届きました。

K美ちゃんはじめ郷里の友人達は、18才から郷里を離れて暮らしている私が
忘れられない味を今も覚えてくれていることをとても嬉しく思っています。

e0087901_1525737.jpg


「らっきょ飴」は非常にローカルなお菓子ですが、
子供のころにはどこででも売っている珍しくもないものと思っていたのに、こっちにはない!(なぜないの?って思ったほど)

夏にはAちゃんもお土産に持ってきてくれました。なんとも言えない美味しい懐かしい味です。

釜石のラーメンは実は世にいうラーメンブームなどのずっと前から、ひそかなブームでした。

それに郷里を離れると「釜石を離れて初めて、釜石のラーメンって美味しかったんだ!」と気づく人がほとんど。(断言)

細めんのちぢれ麺で、魚介ベースのあっさりスープですが、そのあっさりのなかにあるコクが独特です。

何度か郷里に帰った時には必ず行く古いラーメン屋さんがあるのだけれど、今はこんな風にして市販されている釜石ラーメンもあるとは知りませんでした。

これは、大事に冷凍して姉が遊びに来たら一緒にいただく予定です。

あぁ、なんだか帰りたくなっちゃったなぁ~~。

K美ちゃんに会いたいわ~~。とっても嬉しかったわ、本当にありがとうね。
[PR]
by cowata | 2010-12-03 02:06 | お気に入り

かなり懐かしい・・・。

みなさま、秋の連休いかがおすごしでしたでしょうか?

私は昨日10日だけお仕事でしたが、主人もツグミも3連休。

ちなみにツグミは9月中で頑張ってきたバレーボールを一旦休止いたしました。
まぁ、理由は色々ございますが長くなるので省略。

そのツグミ、今週水曜日から2泊3日で群馬に宿泊学習へと出かける予定です。
4年生で市内の施設へ、5年生では群馬、6年生では箱根、鎌倉に1泊での修学旅行という予定です。
なぜか、修学旅行よりも1泊多いのですが、今まで宿泊の機会にことごとく恵まれなかった彼女、

大変楽しみにしています。

で、「宿泊学習前に絶対、美容院へ行きたい!」といわれて
今日行ってきました。

彼女のカットをしてもらっている間、美容院にあった雑誌を見ながら待っていました。

More
[PR]
by cowata | 2010-10-12 00:21 | お気に入り

おみやげ

e0087901_1935477.jpg


お出かけレポートの番外編とでも言いますか・・・・・、こちらは私の旧友のAちゃんが私にくれたお土産の数々!の一部です。

どれも故郷の懐かしい味072.gif

左の「山田せんべい」は生の状態で袋に入っていてこれを焼いて食べたりします。

このまま、生でニョキニョキいただくことも可能。子供の頃にはストーブの上にちょこんとのせ、両面あぶっておやつにいただきました。

Aちゃんは、焼いたバージョンも持ってきてくれ、

帰りの宅配荷物の同梱したら残念ながら原型をとどめず(食べるにはいい感じの一口サイズとなりました)


家族からは一番人気でみるみる減っています。




右の「らっきょ飴」は醤油風味の飴で決してラッキョウの味ではありません。形からのネーミングです。

これもとても懐かしく、フミヤが3歳ごろ1度家族で私の故郷に行った折り、あちこち探し回って買ってきた・・・ということもありました。(12年前)。


Aちゃんともそんなに長い間ご無沙汰していたわけですが、会ったとたんに当時に逆戻りした気持ち。


成長したお子さん達の話や、お互いの近況などいくら話しても話したりないぐらいでした。

また、そんなにご無沙汰しないうちに会える機会を作りたいと思いました。


他にも再会したいお友達もいるし・・・、そう考えると明日やあさってじゃないんだけど楽しみの輪郭が段々と濃くなっていくようで元気に繋がりました。

Aちゃん、ありがとう001.gifまた、会いましょう056.gif
[PR]
by cowata | 2010-07-04 19:54 | お気に入り

初物

おじいちゃんの弟、通称「ぎおいちゃん」の畑で採れたてのこれ、いただきました。

e0087901_1127273.jpg


スーパー袋にいっぱいの鞘つきのそらまめくん。

幼稚園の時に大好きだった絵本「そらまめくんの・・・」

そらまめくんのベッド(こどものとも絵本)

なかや みわ / 福音館書店

を思い出しながら
鞘からだしてさっそく今日のおべんとうにも。

おいしくいただきました、ごちそうさまです。
[PR]
by cowata | 2010-05-10 11:34 | お気に入り

子どもの頃食べた味で今はないものってありませんか?

e0087901_0513790.jpg


なんだか、ふと思い出してあの甘いポップコーンが懐かしくなりました。
CRACKER JACK

アメリカでは、スタジアムなどでよくあり、珍しくもない
スナックだそうですが、

かれこれ40年も前でしょうか、はまって近所の駄菓子やで買っていました。
これ、1度には食べきれない量と甘さなんですが、底にオマケの「豆本」が入っていて
子どもながらに外国のお菓子なのに、オマケが日本の本で変だなぁ~~と思いつつ
「豆本」が楽しみで、楽しみで。

で、現在はネットでも手に入るか知らんと検索してみましたが
数年前までは可能そうでしたが

現在はキャラクター雑貨ばかりみたいです。
[PR]
by cowata | 2010-04-25 01:03 | お気に入り