カメレオンクール

突然、昔聴いていたレコードを聴きたくなることがある、あるよね~。
当時、CDは出始めの頃でほしいアルバムがあると
「LPで買おうかな?CDにしようかな?」と悩んで結局LPで買うほうが多かった。

そんなわけで今CDのストック(段ボール箱)から引っ張り出すわけにもいかず、LPを聴く環境のない我が家。こんな日が来るとわかっていたらCDで買っていたでしょうに・・・。

この↓アルバムは
その昔私が「クラシック」フロアに勤めていた頃、隣の「輸入盤」から聴こえてきて一目ぼれならぬ、一耳ぼれしたもの。
それからしばらくして国内盤がリリースされた後、国内盤で購入。
なぜ、価格の高い国内盤にしたかというと、ジャケットがプリントミスでぼやけてかすれたものがあったから。
店頭には出さなかったし、私が買わなければ不良品として返品されていただろう。このぼやけた感じが妙に気に入って返品前にゲット!

まぁ、そんなことはイイとして、これは最高にかっこいいアルバムである。なぜかっこいいかというと、かっこいい曲が目白押しだから!(ほんとは、単に好きな曲がいっぱい!ってことよ!)

ボディ・アンド・ソウル

ジョー・ジャクソン / ユニバーサル インターナショナル



1曲目はマツダだったと思うけどCMにも使われたかっちょいい曲。
1.Verdict
2. Cha Cha Loco
3. Not Here, Not Now
4. You Can't Get What You Want (Till You Know What You Want) 072.gif
5. Go for It
6. Loisaida
7. Happy Ending 072.gif
8. Be My Number Two
9. Heart of Ice


ビッグ・ワールド

ジョー・ジャクソン / ユニバーサル インターナショナル


ワイルド・ウエスト
ライト・アンド・ロング
(イッツ・ア)ビッグ・ワールド
プレシャス・タイム
トゥナイト・アンド・フォーエヴァー
シャンハイ・スカイ
フィフティ・ダラー・ラヴ・アフェア
ウィ・キャント・リヴ・トゥゲザー
フォーティ・イヤーズ
サバイバル
ソウル・キッス
ザ・ジェット・セット
タンゴ・アトランティコ
ホーム・タウン
マン・イン・ザ・ストリート


その後彼が↑のツアーで日本に来た時には2公演見に行っちゃった。このときの「You Can't Get What You Want 」のそれはそれはかっちょいいこと、それにギターソロもむちゃくちゃしびれました。なのに、このアルバムには収録されず・・・ザンネン・・・だったことは忘れておりましたが。
CDだと1枚で収まりますが、LPでは2枚組み3面(2枚目の裏はツルツル)という形でのものでしたっけ。

そんな彼もその後ユニバーサルを離れてからはパッとせず、というか体調も悪かったり低空飛行な数年を過ごしたようですが
最近はまた活動をしていて頑張っている様子。いろんなジャンルの音楽を自分流に持ち込んで独特の世界を作り上げる・・・「カメレオンクール」
まだまだ頑張ってほしいミュージシャンの一人です。


蛇足ではありますが、↓このアルバムにフューチャリングで参加している1曲もとってもかっちょいいです。

レトロスペクティヴ

スザンヌ・ヴェガ / USMジャパン


ルカ
トムズ・ダイナー (DNA feat.スザンヌ・ヴェガ)
マレーネの肖像
キャラメル
微熱
眠り疲れて
スモール・ブルー・シング
ブラッド・メイクス・ノイズ
レフト・オブ・センター (feat.ジョー・ジャクソン) 072.gif
(アイル・ネヴァー・ビー)ユア・マギー・メイ
イン・リヴァプール
ジプシー
ブック・オブ・ドリームス
ノー・チープ・スリル
カリプソ
ワールド・ビフォア・コロンブス
孤独
ペニテント
ローズマリー
女王と兵士(ライヴ)
ウーマン・オン・ザ・ティア(アイル・シー・ユー・スルー)


レコードで聴けないものをCDで買いなおすのは、あまり好きではないのだけれど
年に1、2回はジョージャクソンが恋しくなるので検索ついでにアマゾンで衝動買っちゃいました。(ダンナには内緒!)しかも・・・kokuaの「progress」も一緒に・・・、スザンヌベガじゃないところが・・・私。
[PR]
by cowata | 2009-08-01 00:56 | 音楽