<   2005年 07月 ( 7 )   > この月の画像一覧

水泳教室

暑いです~。
夏休み、みなさま、いかがお過ごしですか?
私は毎日ツグミの幼稚園の水泳教室に通っています。台風が去ってからは炎天下の
なかの一時間となって居ます。午前中でまだ水温が上がりきっていないせいか、ぶるぶると震えてさむがる子達もいるのですが、日差しの方は大変強く、ツグミは日焼け止めを塗っているにもかかわらず肩が真っ赤になってしまいました。我が家はみんな色白なので日焼けしてもかっこいい小麦色などには縁がなく、赤~くイタ~い
日焼けばかりです。とホホ・・・。

水泳教室は今日が4日目、6日間あるレッスンの山場となる日です。レベルに応じて3つのクラスに分けて進められた指導ですが今日は全員「投げ込み」というプレゼントを頂く日なのです。先生に抱えられてドポ~んとプールに投げ込まれます。プールの底には「自信」「勇気」「頑張る力」が隠されていてそれをゲットできると子供達にもお話がありました。

中には怖さのあまり泣きだしてしまう子も何人かいましたが、みんな歯を食いしばって3つのプレゼントをえることが出来ました。そんなけなげな姿を見ていると思わずウルウルしてしまう私です。

ツグミは最初から2番目に順番が回ってきました。どうやら何がなんだかわからない・・・、あれ?あれ?と戸惑っている間にドポ~んだったので怖がる時間もなかったのかも。順番がもっと遅かったら泣いていたかもしれません。でも「できた!!」という『自信』『勇気』『頑張る力』をもらったんだ!と誇らしげに話してくれました。

午後、ピアノの練習をさせながら私はフミヤのベッドでエアコンの涼しい風に吹かれながら寝てしまっていました。ツグミは練習したあと、今お気に入りの『バッハのメヌエット』を自動演奏して遊び、飽きてしまうとがーがー寝ている母を残して下の部屋に行ってしまいました。



2005年7月28日(木) No.94


--------------------------------------------------------------------------------
子猫 2005/08/01/22:58:08 No.95
毎日暑いですね。

水泳教室、頑張っているんですね。うるうるな気持ち、共感します。私もこう見えても(笑)涙腺がとっても弱くて(笑)結構いつもうるうるしながら過ごしてます。
でも、このうるうるは大人にとっては心のお洗濯ですよね。子どもに感謝です♪

さてさて、ながぁい夏休み、素敵な思い出が沢山できますように。



--------------------------------------------------------------------------------
こわた 2005/08/02/00:26:47 No.96
子猫さん、こんにちは!
子猫さんも楽しい夏休みをお過ごしでしょうか?
子供の頑張る姿、瞳はもうどうしようもなくウルウルがきます。
ちょっと、年のせいもあるのかしらん・・・。

暑さと、子供パワーに負けずに夏を乗り切りたいです。

子猫さんも充実の夏になりますように・・・。
[PR]
by cowata | 2005-07-28 00:00 | 日々のこと

とりたてて・・・。

今週からツグミは幼稚園のプール教室が始まりました。
10時から11時まで一時間、親もプールサイドでその様子を見守ります。
炎天下の中大変・・・と覚悟していましたが昨日は曇り、今日は雨でした。今日はプールはなしで幼稚園のホールで体操を織り交ぜバタ足の練習などになりました。

台風の影響でちょっとザンネン!
フミヤが行っていた学校の開放プールも今日は中止、フミヤは早々と「今日はないよな~」と約束していたお友達に電話していました。

あとはうちのなか・・・のいち日でフミヤにはドリルなどをやっていただき、ツグミは「たまごっち」をぶら下げながらピアノの練習をしたり遊んだり、フミヤとケンカしたり・・・。

取り立てて何がどうした・・・ということのないいち日でした。


2005年7月26日(火) No.93
[PR]
by cowata | 2005-07-26 00:00 | 日々のこと

子供達は昨日から夏休みに入りましたが私は今月は今日まで自宅教室があり明日からが夏休みです。(ジョイフル教室はあります)

フミヤは昨日はお友達と午前中は図書館に行き、午後はうちで遊んでいました。今日は学校のプールに出かけましたが寒かったようで早めに切り上げてお友達のお家に遊びに行きました。

最近ツグミはお教室のとき生徒さんたちに会うのが恥ずかしいらしくておじいちゃんちに行きました。

学校の個別面談は今まで学期末にあったのですが今年は夏休みに入ってからです。
いつもは生活面の話ばかりに終始してしまうので、今回は学習麺の話をよく伺いたいと先生にリクエストしていました。
生活面はあまり触れずに居てくれたのは先生のやさしい配慮によるものだと思いますがもちろん何もないわけはありません。課題だらけです・・・。

しかし学習面はよくもなく悪くもなくごくごくクラスの平均だそうでこれといって「何が得意ですね~」もなければ「これはもう少し・・・」もない。結局夏休みは復習させていくしかないです。

でもすでにだらけて来ていて、バトルはまもなく開幕されることでしょう。

明日はおじいちゃん家の町内のお祭りです。二人は楽しみにしておやすみなさ~い。


2005年7月22日(金) No.92
[PR]
by cowata | 2005-07-22 00:00 | 日々のこと

お別れ

以前こちらで書いておりましたが、先日父が他界いたしました。79歳でした。
人には必ず出会いと別れがありますよね、その場面は星の数ほど千差万別でしょう。
私たち家族と父のお別れはとても穏やかなものとなりました。

12日午後近くのショッピングセンターでツグミとお買い物してるときに姉から連絡が入りました。フミヤの下校時刻まで間がありましたのでその間に主人にも帰宅してもらい支度を済ませて夕方父の病院へ駆けつけました。
父はちょうど一週間まえに会った時とは顔色も表情も暗く、呼吸も人工呼吸器の動きだけにしか見えませんでした。

ICUには長く居られないので私たちだけで主の居ない実家に泊まることにして眠って一時間後に看護婦さんから連絡がありました。日付はかわって13日0時25分でした。その時はもう呼吸器も機器類もはずされていてなんだか悲しさより「おつかれさま」という気持ち。父も「やれやれ」に見えました。

その後自宅に帰った父の顔は病院で見たときとはまったく違って目じりに笑いじわがわかるほどにこやかな表情、家に帰り嬉しかったのでしょう。その後親戚が集まれば集まるほどニコニコがはっきりとわかりました。

子供達(孫)がにぎやかにしていましたし、親戚達も懐かしい話に花を咲かせなごやかで幸せなお別れになったと私は感じました。
生きている間にはそうそういいことばかりではありませんでした、波乱万丈といってもいい人生だったのではないかと思います。(人の人生ってそういうものですよね?でも晩年は孫達に囲まれることで幸せを感じていたと思っています。

偶然ですが父の父(ワタシの祖父)の命日は父の誕生日、そして父の命日は初孫にあたる私の甥の18歳の誕生日でした。

たくさんの皆さんに父のご心配をいただきお声をかけてくださいまして心より感謝しています。この場を借りてありがとうの気持ちをお伝えさせていただきたいと思い記しました。




2005年7月16日(土) No.89


--------------------------------------------------------------------------------
どんぐり 2005/07/17/09:28:40 No.90
お父さんは残念でしたが素敵なお別れになって良かったですね。
フミヤくんが宿泊学習から帰ってくるのを待っていてくれたのですね。
大切に思っている人たちに見送ってもらって、お父さんも嬉しかったのではないでしょうか。

暑くなりますからこわたさんの体もいたわって下さいね。



--------------------------------------------------------------------------------
こわた 2005/07/18/01:29:05 No.91
あたたかいお言葉、ありがとうございます。
じきに夏休みに入ります。サム君にはまたフミヤと遊んでほしいと思っています。
[PR]
by cowata | 2005-07-16 00:00 | 日々のこと

フミヤの帰宅

フミヤの帰宅

夕方、フミヤが帰ってきました。
くたびれているようでしたが、「楽しかった」の第一声でした。
初日に予定していた登山は天候で延期になり今日だったそうです。
「山頂では深呼吸をした」と言っていました。

リュックサックの中は何もかもがぐっちゃぐちゃでしたがこんなものなんでしょうね・・・。

帰宅のあとすぐに習い事の時間でしたので頑張って行ってもらい、晩ご飯はお疲れさんの意味をこめて大好物を用意しました。でもあまりはかどらず早々と寝てしまいました。くたびれ果てたって感じかな。

まっ、何とか無事に帰宅しよかった、よかった。



2005年7月8日(金) No.88
[PR]
by cowata | 2005-07-08 00:00 | 日々のこと

フミヤの宿泊学習

朝、5時少し前に目覚し時計がなって仕方なく起きました。フミヤの部屋を覗くとちょうど目覚し時計がガラガラ・・・と鳴ってフミヤが飛び起きて止めました。今日は5年生の宿泊学習で群馬の赤城に行くのです。

忘れ物の王様の彼に人並みに支度をさせることはそれはそれは大変でありました。
(なんて、準備はみな大変ですよね!)
数日前からスタートして前日の夜遅くまでなんだかんだとかかりました。

お天気はあいにくのザーザー雨です。
折角リュックの底の方に詰めた雨合羽をすぐそこの学校まで行くのに使わなければダメかしら・・・、前の晩に買ったばかりの折りたたみ傘もいちいち広げるの?
・・・あ~~~これをまさに過保護と言うのだ!と思いつつも結局学校まで別の雨合羽を着せて学校用の傘をささせ荷物を一つ持ってやり送って行くことにしました。

折角行ったのだからバスに手でも振ってやろうとバスの近くで乗り込む様子をみていました。
バスにはトランクルームに大きなリュックサックを入れて、小さめのナップサックにお弁当身の周りのものを入れて座席に持って乗り込むのですがフミヤの番になるとナップザックをトランクルームに入れているではありませんか。
詰め込みをしている先生も気がつきません。しかたなく「っちょっと!!バック違うよ!」と声をかけると「あ~・・・」なんて感じです。トホホ・・・、2泊3日もこの調子で大丈夫なんだろうか・・・と一抹の不安がよぎりました。

しても仕方がない心配はすまいと決め、バスの中からのんきに・・・、いえっ元気に手を振る彼を笑顔で見送りました。
その後どっと疲れが出たことは言うまでもありません。

家に戻ると程なくツグミが泣きながら起きてきました。
一緒にお見送りに行きたかった・・・、と言うのですがこの雨ではちょっとムリ。事情を話してなだめていると「何か落ちてるよ!赤いの・・・。」「えっ!!??」

テーブルの下に今日使うはずの紅白帽子が一つくしゃんと、置き去りにされていました。サイズも小さくなり汚れてきたのでこの日のために新調してあげた紅白帽子。¥420分の親の心子知らずでした。

無事に楽しく帰ってきてください。それだけはお願いします。


2005年7月6日(水) No.87
[PR]
by cowata | 2005-07-06 00:00 | 日々のこと

個別宿泊

もう7月なんですね~。日々バタバタと流されているだけのようで時折、これで本当にいいのだろうかと考えちゃいます。・・・5秒間ぐらいですが。

昨日の土曜日はツグミが主人方のおじいちゃんおばあちゃんの家にお泊りに行きました。以前はフミヤと二人一緒に行かせた事もありましたが最近はおじいちゃんおばあちゃんの取り合いをしたりしてとてもうるさくしてしまい、あまり叱られない事をいいことにわがまま放題なのでお泊りは個別に・・・と決めたのです。

ツグミは朝から早起きをしてぽぽチャンやらキューピーちゃんやら荷物をいっぱい詰め込んでおじいちゃんの迎えを今か今かと待っていました。出掛けに「おじいちゃん達のいうことをよく聞くんだよ!」というと「ママもお利口さんにしているんだからね!」と反対に言われてしまいました。

さて一人残ったフミヤはというと水曜日から2泊で出かける宿泊学習の準備です。今までいくら言っても大丈夫だのなんだのと始めようとしません。本人はきっと前の日にリュックに詰めればいい・・・ぐらいに思っているはずです。

じゃあ、自分で責任を持ってやりなさいよ!・・・なんて信用しているとその時になって「あれがない。これがどっかいっちゃった。」となるはず。

てな訳で個別になったいい機会に強制的に準備を開始させました。案の定レジャーシートが見当たらないの新しい肌着がひとつないのとなり、結局2時間以上かかりました。
あ~疲れる。

それでも個別だと「ママ~!あんちゃんがね~!」「ツグミが悪いんだよ~」とかがないだけ静かでいい。

今朝10時にツグミが早々と帰宅しました。なぜそんなに早く帰宅したくなったか聞いた所・・・お外で捕まえた「だんごむし」を見せたかったとか・・・でも嬉しそうに見せてくれたのは「べんじょむし」でした。どっちもうちの庭にもいると思うんだけどな。


2005年7月3日(日) No.86
[PR]
by cowata | 2005-07-03 00:00 | 日々のこと