<   2013年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

パンダ1号

e0087901_1224213.jpg


春休みに入りました。


本当にすこしずつハンドメイド続けています。

クロッシェのボレロはあと4つのモチーフを繋ぐと完成よ。


そしてこちらの画像は

初オリジナルマスコット)「パンダ1号」


でっかい画像になっちゃったけれど身長3cm


羊毛フェルトのものですが

まだまだ分からないことだらけ

表面の細い毛羽?をどう処理するのかわからない


なぜ右を向いているかというと
左腕がまだ未完成だからです。


座っているのは、やはり製作途中のドーナツ



さて、桜もそろそろ終盤に差し掛かってきましたが



月末には実家に子供たちと2人で出かける予定

ちなみに実家に帰るのは1年ぶり、泊まるのは5年ぶりぐらいかなぁ~。
[PR]
by cowata | 2013-03-28 01:22 | フェルト

春の風

昨日は一旦収まりましたが
このところ風の強い日が多いです。

おとといの深夜2時

「キンコンカンコ~ン・こちらは防災佐倉です。」
町の放送がこんな時間に流れたのは初めて!?

「ただ今、竜巻注意報が・・・」

その後竜巻被害もとくになかったようで朝には大分風も落ち着いていました。

また今日は少し南風が吹きました。

毎年この時期はしょうがないのです。



さて、

最近のハンドメイド状況です。

実は作っていたクロッシェのボレロが完成直前。
もうちょっとしたらこちらにも画像をUPしますね。


それから

またまた悪い癖が出てしまいました。

アマゾンでしょっちゅうチェックしていて
かなり興味はあったけどこれはやめておこう、手は出さないようにしておこう。
だって時間がかかりそうだし、針をさしちゃったら痛そうだし。


しかし


本屋さんに行った時に立ち読みしたのが運のつき


「はじめてのちくちく羊毛フェルトで作るマスコット」
フェルト9色で5つのマスコットが作れます。必要な道具がすべて入っています
最近この手の誘惑本も結構あるんだよね。
そして買ってしまったし・・・まんまとね。



e0087901_2114336.jpg


で、さっそく作ってみたのは本を見ながらこれ↑


繊維の状態の羊毛を専用のフェルティングニードルで

ひたすら刺す刺す刺す刺す刺す刺す刺す


何時間も刺す刺す刺す刺す刺す刺す刺す刺す


フェルティングニードルは
先端から3cm位まで非常に小さな突起が付いていて刺すことにより
フェルトの繊維が絡まって、フェルト状になっていくという仕組み

その工程で形造っていくという極めてシンプルで根気のいる作業です。


細かい単純作業好きの私にはスルーできなかったわ。



とりあえず本に掲載されている作品を5つ忠実に作ってみます。

忠実に・・・はすでに守れずネコちゃんの顔は好きにアレンジしてみちゃったけど。

羊毛フェルトのマスコットは
沢山作品本も出ていてどれもこれもかわいすぎる・・・。


これも一過性の熱とはわかっているけど
楽しいものはやめられましぇん。


日々の生活で生じるストレスや疲れとのバランスを図るために
これは私という存在にかかせないものなのだ。




そうそう、

ながらハンドメイドが得意な私ですが

フェルティングは集中しないと
左手の指に激痛が走ることになるので


集中します。


今のところ、「痛いっ!」はまだない。
[PR]
by cowata | 2013-03-20 21:01 | フェルト

買った本

あの頃は

ただ好きで

読んでいた漫画だったけど





そうか、そうだね


e0087901_23354046.jpg



これって哲学だ。
[PR]
by cowata | 2013-03-13 00:01 |

2013/3/11

昨日はですね


朝から映画を見てきました。

一人で・・・。



観ようか、やめとこうか


暫くの間悩んでいましたが


同郷の友人とメールで話す機会があり
聞いてみたら、すでに見ていて
収益が義援金になるというし、



意を決して行って来ました。


念のためハンカチ3枚持参しました。(1枚で足りました。)



実話をもとに映画化したものなので


凝った展開はなくただ淡々と
あの日からの10日間、
そこでの人々の様子が描かれている
それだけのものですが



なかなか報道では取り上げられない現場において


携わった方々のご苦労や、苦悩などが
表されていました。


過酷な状況にあっても
人を思いやる人がいる



それだけを焦点にした映画でした。



映画を見たあとでわかったのですが


この映画に登場する
市職員さん、お医者さんのモデルとなった方が
友人の知り合いの方だったと聞いて
さらに距離感が近く感じてしまいました。



時折スクリーンに映る雪模様の山肌に


懐かしい故郷の厳しい冬の寒さを思い出しました。
[PR]
by cowata | 2013-03-12 23:59 | 復興・東日本大地震